リハビリテーション科

リハビリテーション科とは

リハビリテーション科とは

主に筋・骨格系の異常にもとづく運動機能障害者を対象として、医学的治療や治療的訓練を実施する診療科です。
疾患により生じた歩行や身の回りの動作などに生じた障害に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残存機能を最大限に引き伸ばすための治療を行い、患者様が日常生活を送る質の向上を図ることを目的としています。

 

当院のリハビリの特徴

頭痛、首の痛み、肩こり、五十肩、腕の痛み、腱鞘炎、ばね指、手指の変形、ぎっくり腰、慢性腰痛症、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、手足の痛みや痺れ、骨折・じん帯損傷後の治療及びリハビリを行ないます。

広々とした明るいリハビリ室には、ウォーターベットや頚部・腰部牽引器、低周波、干渉波、マイクロ波などの各種リハビリ機器を備えております。
※当院のリハビリ室は2階にございますが、エレベーターを完備しておりますので、ご安心ください。

~当院のリハビリ機器のご紹介~

対応症状

リハビリ
  • 日常生活に支障がある腰痛や肩こりなど
  • 歩くことができない
  • 食事、更衣、トイレ動作など身の回りの動作がうまくできない
  • 鞭打ちなどの外傷
  • 関節の痛み、変形、可動域制限がある
  • 筋力低下があり、動きが悪くなった
  • 五十肩、四十肩など