043-497-5137 大型駐車場あり
  • 千葉県千葉市 若葉区都賀3-16-13
  • JR・千葉都市モノレール口「都賀駅」徒歩2分

リウマチ科

リウマチ科とは

リウマチ科とは、関節や骨、筋肉の腫れや痛み、こわばりを伴う自己免疫疾患(=リウマチ他)の診察・治療を行う診療科です。
本来は外から侵入してくる細菌やウイルス、腫瘍といった自己と異なる異物を認識し排除する役割を持つ免疫系が、逆に自分自身の正常な細胞や組織に対しても過敏に反応し、攻撃を加えてしまうのがリウマチの症状です。
手指、関節の痛みや腫れ、こわばり、変形などが見られる方は、関節リウマチの可能性がありますので、早めの受診をお勧めします。

対象疾患

関節リウマチその他の関節痛を伴う病気の診断・治療を行っております。
具体的には、関節リウマチ、膠原病などの診療を行っております。

関節リウマチについて

免疫の異常により関節に炎症が起こり、腫れや痛み、変形を引き起こす全身性の慢性疾患です。
レントゲン、血液検査で早期発見をしましょう

  • 日本では70万人以上
  • 男女比は男性1:女性3~4
  • ピークは30~50歳代

このような症状はありませんか?

関節の腫れ・痛み
関節に腫れや痛みがあり、左右対称に起こることが多い。
微熱だるい
37℃台の微熱やだるさが2週間以上続く
朝のこわばり
起床後に30分以上経過しても手を握りにくいなどの症状が続く

上記のような、症状は関節リウマチ初発症状かもしれません!